病名は・・・男-2


オーストラリアの方で社会学者、男性学・男性性研究の第一人者、 R・W・コンネルという人がいます。 1995年にこの方が出版した著書「 Masculinities」によると、 従来の男女関におけるそれぞれの在り方において男はこうあるべき だとかこうしなければならないという集合的無意識に知らぬ間に縛られ、 自分の価値観として染み付いている中で、 複雑で多様性に富んだ男性社会における相互作用、 つまりはピラミッドによる階級社会の過ごし方を観察してみると、 社会で主流とされている男らしさを「覇権的男性性」 これに対して非主流を「従属的男性性」 とする捉え方を構築した方の本です。
これを日本社会に当てはめると前者は「 職場のパワーゲームの勝者」「家族にとって経済的、 精神的な支柱」「冷静沈着で弱音を吐かない」 と言った伝統的な男らしさのルールの具現者であり、後者は それらを具現化できないルールから逸脱した男性ということになり ます。いつの時代も、 主流の男性たちは非主流を蔑み脇へ追いやることによって自らの覇 権性、権威を誇示してきています。 それは日本型の従属的男性の生き方にラベリングという決めつけを して社会から排除する行為となっています。 一定の社会システムを守るためにその集団が集団であるためにその 集団に適合しにくい人たちに対し規制を設けてアウトサイダーとか The Othersというレッテルを貼ることで逸脱を生み出してきてい る。例えば白人が黒人に対して、 一般市民が知的障害者や身体障害者に対する行為や見方がその例で す。 ラベリング理論は逸脱を告発された人々と告発を行う人々との相互 作用に焦点を当て社会問題に様々な物の見方を見いだしていると言 われています。苦悩する男性と他者、社会との関係を考えると、「 従属的男性性」保持者の社会的排除には、「覇権的男性性」を備えた男たちだけでなく社会や女性たちも加担しているといえます 。日本の現代社会において、最も注目すべきなのは、この" 落伍者" としての烙印を押された男たちが今では多数派であるということです。言ってみればそれは庶民ということでしょうか。 またそれは一方向的生き方だからそうなっていると言えます。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

病名は・・・男-1


選挙も終り日々の生活は淡々と何気なく過ぎていっていることでし ょう。なんかうまくいかないことばっかりと思っているのも、 もう何十年のことでしょう。 この変なブログを見るようになったのも、 なんか面白くない毎日をどうにかならないかなと思っておられると ころから始まっている方々が多いようです。 とはいえ腰をあげる元気もないし、 パワー機がいいよといってもそこまでいくのもお金使うのも面倒臭 いし… そのうちよくなるかもしれないしと思っているうちに30を過ぎ4 0を過ぎ50にも手の届きそうな、 すでに手の届いた方々が大勢いるという現実があります。 赤信号みんなで渡れば怖くないなんていった人は誰だったでしょう
今の男たちは、 苦しみと絶望の果てに追い詰められているようです。 社会の根幹を揺るがし兼ねない非常に深刻な事態が起こっているこ とをお気付きの方もおられることでしょう。男性は今、仕事では、 労働環境の悪化で職業人としての誇りを保つことができず、 かたや家庭では、妻と心通わせることができず、 子供との関係も含めた家庭不和に直面して、夫、 父親としての自らの価値、存在を見失い、 もがき苦しんでいるというのがマスコミにおいても色々な事件や事 故においてもそうした面が浮き彫りになっています。
中でも、 中年期を迎えてリストラのターゲットとされながら転職も難しく、 晩婚化も影響してまだまだ育児や子供の教育に手のかかる団塊ジュ ニア世代をはじめとする40歳代男性にその傾向が顕著にみられる という事実があります。
1980年代におこったバブル、 そしてそれ以降の激変する職場環境や大きく揺らぐ家族のありよう により、 いったんは旧来の男らしさの呪縛から解き放たれたかに見えた男た ちが再び男はこうあるべきという社会、 そして女性たちからの容赦ない要請に応えられずに、 心中で白幡を揚げ、 自ら硬い殻に閉じこもってしまっている傾向が高いというのはあな たの周りにもいるのではないかと推測致します。
びくびくしてしまう、 自分の将来は老後はどうなってしまうのだろうなどと不安に思って しまう方も多いのかもしれません。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

今の私


ある日突然のことだったということです。 その瞬間まで自分自身が何か得体の知れない目には見えない何かに 覆われたというか取りつかれていたような感じのするものから抜け 出た瞬間だったそうです。 このブログを初期の頃から見つけ出し読んでいたのだそうです。 何を言いたいのか訳のわからないことばかり書いている暇な人がい るものだなと思っていたのだそうです。天動説だとか地動説とか… ニュートンとかコペルニクスとかいったって私には1ミリも関係の ない話じゃないかとも言っていました。 ドーパミンとかセロトニンというのには関心があったそうです。 いつだったのでしょうか… 突然やってきてパワー機受けられますかというのが最初の出会いで した。 自分自身が何かわからないものに取りつかれているというのをなん となく認識したのはパワー機を受けて10回目ぐらいだったそうで す。 それを認識してはじめてプログラムに関心を寄せたということでし た。マザー・テレサにもマーチン・ルーサー・ キングにもヴィパッサナーにも、 ましてや座禅の永平寺なんか全く関心がありませんとも言っていま した。どうしたことでしょう。 自分自身の内面を少しずつ少しずつではありますが、 1ミリ内側に意識が向くのに一週間とか一ヶ月とか時間の掛かるこ ともあったと言っています。何ヶ月経ったのでしょう。 プログラムを10回進めた後、 しばらく顔を出さなくなっていました。 内面を見ていく作業ですのでとっても楽しいことではありますが、 時折ブレーキがかかることもあります。 そのため途中でやめるのかなという人も出てきます。 この方もそうしたブレーキがかかったようです。 その後数ヶ月経過して最初の出会いと同様に突然ドアをあけ、 今パワー機空いているという質問を投げかけて入ってきました。 それから約3ヶ月後のことです。 その瞬間まで自分自身が何か得体の知れない目には見えない何かに 覆われたというか取りつかれていたような感じのするものから抜け 出た瞬間だったそうです。 そうなった時に天動説的な生き方と地動説的な生き方の違いがはっ きりと認識できたとのことでした。 こちらからすると気づいた瞬間だったのだと思われます。 と同時に大好きな彼が同じように何かに取りつかれあがいて悶々と していて、 時にはお酒で一時的に気を晴らしたりギャンブルで気を晴らしたり 急にセックスを強要してきたりしているんだなと認識したそうです ということは彼をはじめ多くの人が何かに取りつかれ悶々とし葛藤 した毎日を過ごしているのだなと認識したそうです。 そうなんです男という病名もあるということです。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

崩れ行く社会システム


日本国内に10万近くあるといわれる神社、 寺を入れると新興宗教もあるし大変な数の宗教関連施設があるよう です。私達の生活の中で出産、七五三、 結婚や護摩を焚くとか様々なイベントに寄与して下さる施設です。 もちろんこちらとしては何の関連もないのですが、 この伝統ある国を維持してきたとされる神社関係者において、 大きな波が起こっています。ご存知の方も多いとは思いますが、 神社本庁から地方の有力神社がぞくぞくと離脱しているとともに、 それが現政権にも強い影響を与えているとのことです。 しかも不動産関係において多くのトラブルも浮きあがってきていま す。 こうなってくるというのは小笠原理論を知る方でしたなら先刻承知 のことでありますが、 その辺のことをご存知のない方も多くいるようです。 ひょっとしたらその先がどうなるかということは、 このブログを見ている方なら、 冗談でご覧になっておられる方は別として、 分かっていてもいいのかもしれません。 小笠原理論でいう時代の変化の一部としての現象ですので、 未来に不安のない方には興味が持てないことかもしれません。 誰もが当たり前で意識することなく、 ごくごく当然のこととして人生のイベントに活用されている存在が なくなってしまう時代になる可能性があるということです。 人が意識しているかしていないかに関係なく税金の徴収、 インフラの整備、 自治体を含んだ様々な催しや行事等々と点と線が繋がり共同体意識 として成立していたものが、 ひょっとして崩れてきたとしたらなくなってしまうとしたら… とてもとても大変なことではないでしょうか。 これがどうして自分と関係があるんだろうとお思いの方がおいでだ としたら、今現在のあなたの存在がなくなってしまう、 意味のない存在となってしまうということを理解できるかどうかと いうことです。家族が構成されているということ、 大小を問わず自治体が存在しその恩恵を実感しているか否かに関係 なく恩恵を受けているということなどと書くと難しく捉えることに なるかもしれません。 よく若い人は政治に関心がないといわれます。 正確にいうなら自分自身の生活とか仕事などの日常生活が衆議院と か内閣とかと点と線そして点へと繋がっていることが分からない繋 がらない、 それよりも自分の目の前の出来事のほうが重要だとなってしまうわ けで、 まともに年齢を重ねてきている方なら自分の夢が自分の未来が政治 と直結しているということを理解しているものと思います。 だからこそ他人の意見を自分のものとするのではなく自分自身が自 分自身で考え判断し決断し行動するということが求められていると いうことではないでしょうか。神社本庁に戻ります。 神社というか宗教が組織を構成するピラミッドの原型です。 それが崩れてきている、 日本全国の神社でそれが起こっているということです。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

時代の波


ボストンの大学院を卒業し牧師になったマーチン ルーサー キング氏は1954年だったと思います。 モンゴメリーにおいて定期バスの黒人の利用者は空いた席に座って はならないという法律をきっかけに黒人たちのフリームーブメント にスピードが出てきたのではなかったでしょうか。 残念なことに貧者の行進をワシントンで行おうとしていた数日前の 4月4日に暗殺された39才の命だった方です。 思えばマルコムエックスも殺されました。
私達は日本人ですからブラックアンドホワイトの残忍で目に余る状 況を書籍でしか分かりません。 表面化はしていないとはいえ日本でも歴然たるカースト制に近いも のはあるように思います。 そうしたピラミッド社会が徐々にですが本当に崩れてきています。 政治の世界でもそうですが本当に古いシステムが崩壊してきていま す。こちらはアリと同等の存在でしかない国民ですから、 こちらが社会を変えるとか崩壊させていくとかというような気持ち も考えも全くありませんが、 今までに押さえつけられていた制限されていた差別されていたもの にとっては、ビッグチャンスの到来ではないかと思えます。 古い観念に古い倫理に古い道徳に縛られて生きている満足している という方なら大変な恐怖の到来かもしれません。 こうした混沌としたカオスの日々をあなたはどうお過ごしでしょう 成功するか失敗するかは分かりませんが都知事の小池さんや立憲民 主党の枝野さんたちのようなチャレンジャーたちが表面化していな かった闇の部分を表面化させていくことで、 この混沌とした時代から新たな時代が産み出されてくるものと思わ れます。 このブログにおけるプログラムの紹介はその為のものでもあります このプログラムが一体どんなメリットがあるんだという質問が入っ てきたのをきっかけとして今回は書かせて頂きました。 ご質問者及び質問はなさらないとはいえ同じような疑問をお持ちの 方もおられるものと思います。 なおご不明な方はご質問頂ければと思います。

 

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
Health concierge kiiico
WebSite : http://kiiico.jp


代表 加藤由紀子
東京都港区北青山2-7-20-2
TEL:03-5413-5383
電話受付:10:00〜19:00
メールでのお問い合わせは24h受付
定休日: 日曜日

selected entries

categories

Download

私の再生。そして、その未来
私の治療体験や、
気戸でご提供している
療法の詳細などを
まとめたPDFです。
ぜひお読みください
ダウンロードページへ

facebook

archives

profile

書いた記事数:270 最後に更新した日:2018/02/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM