メッセージ


学ばない者は人のせいにする、学びつつある者は自分のせいにする 、学ぶということを知っている者は誰のせいにもしない、これがあ のキングカズこと三浦知良さんの言葉です。無責任な言葉を出す方 も大勢います。責任を持って発言する方もおられることはおられま すが、少ないように思われます。上記の言葉は、あのサッカーで有 名な三浦さんの言葉ですが、だからこそ今でもこれからも三浦さん はこうした思いでプレーしているんだなと実感しています。 しかも、この言葉はこのブログのプログラムをなさっておられる3 0代前半の女性が教えてくださいました。こんな素晴らしいメッセ ージを持ってきて下さった、その心持ちがこちらにはすごく嬉しく 感じ取れました。だからと言ってこちらも品行方正に生きているわ けではないので
、このブログをご覧になっているあなた様に対して、こうだ凄いだ ろなんていう気持ちは全くありませんのでその辺はご了承下さいま せ。しかもこういうメッセージを持ってきて下さった方は、この文 章とは真逆な生き方をしてきていたようにも、そうでもないように も思えるわけであって、だからこそ人というのは変わるものなんだ な、本人次第によっては頑ななままである方も柔軟に変化していっ てしまう方もおられるし、プログラムを進めているこちらがそんな 事を言ったら怒られてしまいそうですが、それこそが生きているっ ていうことなのかもしれないなと思っております。 というのもプログラムやパワー機が、何か壁を越えなければ立ち入 れない、何か変な世界ではないかと思っている方もおられるような 話も聞こえてきてく
るのです。そう思うのも人の勝手ですからどうのこうのという気持 ちはありませんが、結構参加者の皆さんは楽しんでくれています。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

テレビ画面から


液状化現象に見舞われた札幌や北海道開拓以前の情景のような真っ 暗な原野。フィリピンのルソン島の崖崩れや香港および広東地方の 台風の後の惨劇の姿と日本ばかりではなく世界中で様々な天変地異 が次から次へと起こってきています。 政治や経済界も例外ではなく、人間社会にも大きな変化というか曲 がり角とでもいうような現象が続いていくことと思われます。かと 思えば人体においては気象病だとかアトピーや喘息が代表となるよ うな原因が分かったような分からないような、なんだかよく分から ない症状までも多発し、有名で有能なドクターも権威ある医療機関 も表にはとてもとても出せないものの、 裏ではまいったまいったともう諦め顔というか、もうそんな嫌な患 者なんか診たくもないというのが本音なのでしょうか、巡り巡ってこちらの耳にも届いてきてしまっています。これはいったい どうしたことなのでしょう。古いことわざにこういうのがあります 。「賢者は歴史から学び 愚者は経験から学ぶ」というのがあります。日本では有名なのが江 戸時代の天保とか三つくらいありました。1923年の関東大震災 や世界恐慌などのビフォーアフターだとか、フランスでは19世紀 のコレラやチフスによりスラム化現象にまで広がっていった大惨事 のビフォーアフターにおいても読み取れるものがあると思います。 最近では水俣病やエイズにおいても伺えるものと思います。私達が 生きている今は数年経てば歴史となります。今現在を客観的に冷静 に見ていくことは難しいことでもあるものと思います。古典医学の 本を読んでいて見つけてしまった面白い言葉があります。「自然が狂えば人が狂う」というのがあるのです。当事者はおそ らく認識するのは無理ではないかと思われます。されど第三者的に 見ていると、それがはっきりと認識できるのではないでしょうか。 自然が狂ってきているということは、もちろんそれを認めない方は 対象外ですが、主軸がズレてきているということになります。人体 でいうなら頭のてっぺんが南極と想定しています。足の裏を北極と 想定しています。赤道はいうまでもありません。東洋医学を主軸に おいて人様を診る場合、この南極と北極、赤道の三点を診ながら人 様の人体をどう修正していくかを考えていきます。 いわゆる治療です。これが東洋医学において精神と肉体を別々には 捉えない理由のひとつのようです。 すると現在進行形で自分やマスコミに出てくる色々な人達の現象を観察していくと、この主軸がズレているのかズレて いないのか、修正していくことが可能か不可能かは分かってくるの かもしれません。生きているって面白いですね。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

庭のバラ


ラジオから流れてきたミス・ブランニュー・デイ、サザンの桑田さ んの声が目に染みてしまいます。恋愛ゲームだったのかなー、自分 は本気だったと思っていたのか本気のふりしてただけなのか。ひた すら悩んでいる自分って遠くから見るととっても素敵というか、 今、今を生きているんだなとただ自分に酔っていただけなのかもし れない…だからこそうまくいかなかったのかもしれない。同時進行 でずっとバイトが決まらない時間を過ごしていたのです。当たり前 といえば当たり前ですがふてくされていたというか、ただただ自分 の思い通りにいかない、自分の欲望のままに物事が進んでいかない とモヤモヤしていたのです。するとバイトが決まって働くようにな ってお給料がこの手に入った瞬間です。 すごく嬉しくなっちゃって、働いてお金を貰うのは冷静に考えてみ れば当たり前のことなのだけれど、そうした当たり前のことが当た り前になるとひどく幸福感を味わっている自分がいるのです。 そんな時、前触れもなく突然ふっと本当に幻想というかイリュージ ョンっていうのは…これもそうなのかなと半信半疑な思いを胸に抱 えたまま時が流れています。確か過去に自分が学んでいた時、知らず知らずのうちに作り出されている定義というか観念というフィル ターを通して見ていると、その観念の型通りにいかないと否定的な 枠にはめ込んでしまい、それはおかしいとか相手がいけないんだと か社会や環境が悪いからこうなるんだという知らぬまに固定化した 自分の観念に合わない物事を認めない、 評価しないということで怒りや落ち込んだり、否定的に絶対的に断 定して拒否という名の自分の生き方の歪みを強める結果を作って自 己正当化としてしまう行動パターンになっているのかもしれないと 思っていたのだそうです。これまでの文章は約一年前にプログラム を本人がもういいと言ってお止めになり、しばらく足を向けて来な かった方が突然に現れてきた時のお話をかいつまんで書いたもので す。ご本人様は分かったと言いつつ、まだまだ深い意味ではわかっ ていないのかなー、もっと掘り下げて理解したいんだ。 と言って声をかけて来ました。もちろんオーケーですし、そうすれ ばそうするほど安定感は増していきより穏やかな毎日となるのは当 たり前でしょうし、その方の周りの人達が知らぬ間にその方と接触 を持てば持つほど喜びが知らぬ間に増していくことは事実です。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

この国だから


9月30日日曜日は沖縄県知事選の日だそうです。前知事が亡くなられ、現政権をも巻き込む色々な問題を抱えているようです。ちなみに今年出版されている小説の中で、「宝島」という真藤順丈さん の本の内容も迫力あって読後感の心の動揺というか、 なかなか収まらなかったのを思い出します。どうして沖縄かといえば、その名の通り縄という文字が使われているというのが大きな理由です。ちなみに北海道という名称の由来はすごく簡単です。例え ば東海道、中山道、水戸街道というように最後に道という文字が採 用されています。北海の道ということで北海道という名称が付けら れたのだそうで、すごくシンプルでいいなと思っております。それ に引き替え沖縄には確固たる歴史があるようです。ご存知の通り琉 球王朝と言われていたころ、現在の鹿児島である薩摩と現在の中華 人民共和国にあたる国に対し特使を送っていた王朝であったものの 、日本が明治に入り数年後に大和民族に取り込まれたというのが歴史だったと思います。ようは昔から右往左往しながら翻弄されなが ら現在に至っているようです。とはいえそれは大和の国であるこの日本国が天皇制を維持してからのことであって、それ以前のことが 捉え方としては重要なのではないかと思っております。 ご存知の通りこのブログ、このHPは小笠原理論が核となっており ます。本質論を認識してしまうと、それはバシャールにもアドラー にもシャクティーにも本田健にも共通しているため、しかもそのす べては自分自身をよりよく進化させていくための道具にしかすぎないということで、使えるものは執着することなく拘ることなく活用していこうという立場からこのブログが書かれているということなのです。ではどうして沖縄かというと、沖縄人達が基本的にそうし た生き方過ごし方を意識することなく実行している進化していると いう事実がある、実際に沖縄では小笠原理論がすごく好感を持って 多くの方が受け止めて下さっているという事実があるのです。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

散歩の途中で


私は門外漢なのでよくわからないのですが、多くの方が使用してい るパソコンもスマホもコンピューターです。ということは基本中の 基本は0と1ということになります。この0と1がベースメントと なりありとあらゆる事柄を画面とはいえ具現化してしまっています 。ものすごいことですよね、たったふたつのものから広がっている わけですから…。さて人間はどうでしょう。DNAと言って横浜の ベースボールチームを想起する方もおられるでしょうが、 ここではちょっと異なります、ごめんなさいね。ご存知の通り人間の体内にあるDNAは4基あります。0と1のコンピューターよりふたつ多いのです。凄いことだと思います。 身近なところでいうなら、同じ母親と父親との絡み合いの結果とし てこの世に出てきている兄弟とか姉妹という同じ穴のムジナだというのに、どうしたことでしょう。 この違いというかギャップというか、捉えようによっては差別にも 見えてしまいます。これこそ2つではなく4つの世界の結果でしょ うか。どこのインスタグラムをみてもな〜んだか、さして違いを感 じとれないのは2つの世界だからでしょうか。それともオリジナリ ティが出て来ないと、どこの地方都市にもあるファミレスやコンビ ニ、電気屋さんも洋服屋さんもコーヒー屋さんも雑貨屋さんも…ど の地方に行っても同じ看板ばっかりが目についてしまいます。時折 自分は一体どこにきたのだろうとまで思わせてしまう現在の地方都 市の店舗展開のようです。これと同じように見えてしまうブログやインスタグラム、ファッションもメーキャップもと思えるのは私だ けなのでしょうか。個性、個性というわりにはな〜んだかな…。私 達の肉体を構成しているDNAは4基あります。コンピューターより2つ多いのです。それを使うのも使わないのもご本人様の自由と いえば自由です。どうであれあなたも私も必ずというか間違いなくいつか死にます。どうせ死ぬのです。この4基をフルに活用して死んでいくのも面白いことかもしれません。 ちなみに青山テルマのインスタは私は面白いと思っています。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
Health concierge kiiico
WebSite : http://kiiico.jp


加藤由紀子
東京都港区北青山2-7-20-2
TEL:03-5413-5383
電話受付:10:00〜19:00
メールでのお問い合わせは24h受付
定休日: 日曜日

selected entries

categories

Download

私の再生。そして、その未来
私の治療体験や、
気戸でご提供している
療法の詳細などを
まとめたPDFです。
ぜひお読みください
ダウンロードページへ

facebook

archives

profile

書いた記事数:358 最後に更新した日:2019/01/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM