地球の裏側


前回観念についてほんの入り口程度でありますが、 それだけでもまたまたいくつかの反応を頂戴することになりました 。自分を含めこの地球では70億人がいるそうですから、 このブログを読まれた方皆さんが誤解なく理解して頂けるとは思っ ていません。 欲をいうなら誰もがらくに生きていくきっかけになっていけばいい なとは思っています。 このブログの内容は日常の生活の中で特に意識している部分ではな いものと思っております。 だからこそ努力なくらくで楽しい日々になりますよといえるわけで す。
例えば昔の話ではありますがガリレオやコペルニクスがキリスト教 の神である存在は上、 つまり天井階にいるものだという定義が示されていたものの、 言い換えれば天動説がキリスト教の核となっているものが、 ガリレオやコペルニクスの地動説により説明できなくなってきてし まったという経緯があります。 しかもマゼランが経済的理由とはいえ、 この地球である世界を一周してしまったのです。 ガリレオやコペルニクスがいくら理論的に熱弁をふるおうが、 そんなものは否定して無視していれば良かったのですが、 マゼランはそうはいきません。 それから色々あったものの神は心の中にいるという定義になってき ているのは、 考えてみればとてつもなくおもしろい話ではないでしょうか。 このように理論だけでは反対派が出てくるのは至極当然でしょう。 そこに客観的現実が出てしまうと認めざるを得ないものと思います そうした観点からネガティブシンキングやポジティブシンキングを どうして人は無意識に選択してしまうのだろう…、 そしてどうして私はこんなに苦労が多いのかとか私はどうしてこん なに不幸な人生なんだろうかとか私はどうしてこうもうまくいかな いことばかりなのかとか、 こうした色々な否定的観念から生じた感情や考えをまとってしまう のだろう…。 まずはそれに乗っかった雪だるまを大きくすることよりも立ち止ま るのもひとつの選択なのかもしれないとは思いませんか。 ここには本当に色々な人が足を運んできます。 その多くの方の話を伺っていると、 この先に壁があってその壁がとてつもなく頑丈でとても乗り越えら れないと決めつけている方が本当に多く存在しています。 それは本当なのでしょうか。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

ソフラン


前回肉体のメカニズムの一部を交えネガティブとポジティブを実は 自らが選別して現在に至っているということをプログラム参加者の 一人の発言から説明してみました。 参加していない方からと参加している他の方から、 わかんねーよというメッセージが複数入ってきてしまいました。 こちらとしては慣れているのでしょうか非常に簡単に日々捉えて暮 らしております。かつまた気づいてしまうとすごーく簡単です。 そして自分の未来が、霞がかかっているとはいえ、見えてきます。 体が勝手にわくわくしてしまうという付属品までついてしまうので す。
 子供から大人まで老人もでしょうか、 多くの人が夢を持って生きているものと思います。 そしてそれを具体的に現実化しようとする人はごくわずかです。 もちろん様々な価値観や生き方があるのでそれはそれで正解だとも 思っております。 とはいえこのブログを通してこのプログラムを知りパワー機を知り 腰をあげて足を運んでくる人も現実におります。 プログラム参加者の方でよくわかんないよと言ってきた方は、 ご自身が意識か無意識かどちらでもいいのですが、 腰をあげて参加するという意思は表明したものの、 複雑かつ多面的で時にはトリックを入れてまでしがみつきたい、 保守したい観念というか定義を自分自身が固く持っているというこ とを認識しにくいのだなと思っております。 それを分かったうえで肉体のメカニズムである破骨細胞と骨芽細胞 というポジとネガが毎瞬毎瞬おこっているという現実を直視してい くと、そうなんです…そうなんです私にもありますが…恐れ…。 そうなんですこれが強いブレーキを入れてくるのです。 例えば誰もが毎日毎日何気なくおこなっています。 もちろん例外はあります。 椅子から立ち上がるということは多くの方が日々おこなっています 。なぜ恐くないのでしょうか。 すでに亡くなられた夏木静子さんが「椅子がこわい」 という本を書いています。 その本に書かれている状況を持つ方であるなら何気なく椅子から立 ち上がるというのは恐くて恐くてしょうがないことかと思います。
そうなんです。椅子から立ち上がっても大丈夫だ、安心なんだ、 危険はないんだと十二分に理解している方なら何気なく椅子から立 ち上がるものと思います。 そうするとわかんねーよと言ってきた方はどうなんだろうか、 または変化を起こす意思を表明していながら、 実は変化を起こす意思はないのかもしれません。 変化を起こす意思のある人しかプログラムに参加しないしパワー機 は絶対に受けないことでしょう。これを読んで来させたいとか、 騙そうとしているんだろうとか上手いこと書きやがって、 なにいってんのさ… ひょっとして脅してるのという風に思われるとしたら、 そう思った方の観念が複雑かつ多面的にトリックをかけてブレーキ を入れているということになります。そうはいうものの、 時は過ぎ月日は流れ時代は変わっていきます。 時間が経てばなんとかなるさ…とお思いの方もおられるでしょう。 2011年3月11日から6年以上経過しました。 リーマンショックからかなり時間が経ちました。 その後いかがでしょう。たぶん悪化してきている、 よくなっていないというのが大方の意見ではないでしょうか。 その証拠はマスメディアに出ています。 さて個人的にはいかがでしょう。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

ありのままでいいのかも


先日テレビで見かけた防衛大臣の発言です。 最近好きな洋服が着れなくて…嫌になっちゃう。 というのがありました。 どなた様もお感じのように現在の政治状況、 本人にまつわる環境から考えれば、 テレビを見る私達が耳にしてはならないものかもしれません。 現在のピラミッド構造における社会システムの頂上にいる人の発言 がこれです。つまり、 現在の社会システムにおけるピラミッド構造は形だけで中身のない ものと考えて良いのではないかと考えます。
人体の骨には破骨細胞という骨を壊す細胞があります。また、 骨芽細胞という骨を構成していく細胞があります。 この働きにより3年から5年で骨が全て入れ替わっています。 私達が口にする飲食物は消化器系を通過して全身の肉体やらを構成 しています。かつまた、 消化器系を通過して分離し排泄するというシステムも同時に持ち合 わせています。
プログラム参加者の一人に著名な病院に勤める医療従事者がおりま す。先日、この方が目を輝かせて声を掛けてこられました。 この方によると、今まで生きてきて面白くない事や腹の立つこと、 うらみや憎しみから離れられないこと等と色々な思いを持って現在 になってます。もちろん、 楽しいことや官能に浸る時間も幾つか持つことはあったけれど、 このプログラムに参加する気になったのは、 このまま年を重ね老いていくというのが貯蓄や年金のこともあるけ れど、精神的にこんなに否定的で視野狭窄な生き方じゃあ… もう自分の未来が信じられない耐えられないと毎日暗い顔をして過 ごしていたところ、 なんとなくこのブログを見つけたとのことです。 最初はこのブログ何を言っているのかしら、 目には見えない世界の法則なんて新興宗教かしらなどと思ってしば らく見もしなかったのに、 何か気になって何かわくわくするような思いで数ヶ月は月日が流れ ていくのを放っていたのだけれど、どうも気になる。 もしも変なところじゃ困るし最初から万単位でお金なんか出したく ないけれど…。電話したらパワー機なら… まあいいかというのがきっかけでした。 あれから約半年後が現在です。 精神的に否定的観念にばかりに注目していたことに気がついたのだ そうです。 そして専門である肉体のメカニズムに目を向けてみました。 ネガティブシンキングとは否定的観念であり、 つまり分離するということ。 ポジティブシンキングとは肯定的観念のこと、 つまり統合していくということ。 肉体のメカニズムというか流れは、 常にこの2つが同時に行われているということに気づかれたのだそ うです。すると、 今までに自分が感情的になったり思ったりしているということは、 決して間違いではないけれど、 首の上のメーキャップを決めていたとしても首の下が起き抜けのパ ジャマのままで銀座のメインストリートを勘違いして闊歩している ようなものだということです。 この方はこの話をする前はモジモジと落ち着かない空気感に満ち溢 れていました。 発言を終えるとパリを闊歩するレディそのもので決まっています。 これからもっと自分自身を進化させていきたいと思っているそうで す。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

ありのままだとやばい?


小笠原理論をベースとして進められているこのプログラム、 プログラムに参加していない方でもなんとなく感じとっておられる 方もおいでのことと思います。 プログラムに参加なさっておられる方にはきちんと説明しておりま すがここでは割愛致します。 嘘やごまかしがこれから通用しなくなってくる、 たとえ嘘やごまかしをしたとしても他の人には分かってしまうとい うのがあります。 豊田真由子さんの例とか安倍昭恵さんと100万円が嘘か本当か知 りませんが、 前川さんの発言と内閣府の発言を聞いていると明らかに前川さんが 正直に発言していると誰もが分かるものと思います。 もう1年以上前でしょうかベッキーさんとか渡辺謙さんは自白しま した。 船越英一郎さんと松井和代さんは松井さんの一方的な告白といいま しょうか… 最も感情的過ぎて松井さんのお面の下に隠されていたその人本来そ のものが出てしまってごまかせない隠せない本音が豊田さん同様に 般若というか鬼畜というかそのものが出てしまっておぞましい限り ではないでしょうか。 もしももしも豊田さんが松井さんがパワー機を受けていたとしたな ら、 あんなに醜い素顔を世間樣に露出することもなかったと思っており ます。とても残念なことです。現在、 パワー機の利用者は実は女性が8割です。 10代から60代後半の方までの様々な方が受けておられます。 皆さん異口同音に吐露しています。 実は私も豊田さんや松井さんのようなものを持っているのよ。 最近も腹の立つことがあったわ…でもさ本当に良かったわ。 もしもパワー機を受けていなかったとしたなら、 腹の立つことの多い今日この頃、 豊田さんや松井さんみたいな般若になっちゃうところだったわ。 女って実はすごく怖いのよね。パワー機の目的とは少し違うけど、 何があってもどうなっても穏やかに過ごせるってすっごく助かって るのよ。 小笠原理論やバシャールなんてアドラーなんて実はどうでもいいの よ。ただの理屈よ。あたしが私がらくで楽しければ、 もういいのよ、他に何があるってゆーの…。 こうした意見が多くあり、 実はみんな理屈が嫌いなんだなと再確認しております。 参加して下さる皆さんが頭でっかちをやめて下さるのなら、 こちらとて理屈を並べなくて済むのですが…。

 

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

ありのままPart2


第2次安倍政権下において日本は議会制であるにも関わらず、 あたかも大統領制でもあるかのように進められてきた現政権はすで に4年目です。 最初はアベノミクスの三本の矢とかで比較的うまくいっていたので はないでしょうか。 過去の例を取るとこうした政策は5年か10年はもっていたもので す。そうして歴史は作られてきているものだと思います。 ところが3年目位から不安定になってきて大統領制の悪い面ばかり が露出してきているようです。 実際の大統領制をとっているアメリカでは就任後2、 3か月目で怪しくなってきています。 三菱銀行でも4年は就任できる地位を1年で放棄しています。 イギリスではメイ首相の思惑が1ヶ月でずれてしまっています。 例を挙げればきりがありません。 変化に加速度がついてきています。 都民ファーストが勝ったというよりも自民党に表を入れたくなくて 変わりに入れただけのように思えます。本当の自分を見る事なく、 頭の中で空想したイメージの自分、 理想の自分で生きていけるならそのほうが傷付く事なく気分はいい と思うけど、本当の自分を見て気付く怖さよりも、 そのままを見ない事のほうが怖いのではないかと思うような事柄が 公人であろうが私人であろうが盛んに今表面化しているように思え ます。
 生まれたての赤ちゃんなら自分の身の回りにしか感心がないのは自 分自身が生き残れるかどうかという重大時です。 小学生の児童にとってみれば自分のクラスが自分の世界でありそれ が重大時です。 21歳のフリーターの女の子にしてみれば頼れるところがあるかな いかを含め自分の生活が重大時です。 50歳の専業主婦にとっても、 70代の下流老人といわれようともみんな同様のことと思います。 日本の政治が各国の政治が、 言い換えれば各自各自の台所事情が各国の政治状況とあまり、 ほとんど変わらないのではないでしょうか。 そして今までのというか古いパターンでのやり方進め方では追い付 かずに変化を好き嫌い関係なく必要としているように思えるのです プログラムの参加者から頂いたメッセージにもこうした上記のよう な意図が含まれたものを感じ取れる複数のコメントがあります。 自分の思っていることが絶対に正しい、正しいはずだ… そういう信念は変わらないけれど、現実に小笠原理論でいう精神・ 肉体・対人関係そして経済がうまくいっていなければ、 人のせいにしたり会社のせいにしたり国のせいにしたりするのは自 由だし一向にかまわないけれど、 うまくいっていないということは自然の摂理からずれているという 単なる現実というあなたの結果にすぎないということであって、 そのままでいこうが変更していこうがどっちでもいい、 何れにしても責任が全て自分自身にくるということだけです。 だからこそ、なんだかよく分からないプログラムに参加してみて、 お金を払ってみたものの面白い部分もあるけれど面白しくない部分 をだんだんとゆっくりではあるけれど認めることができるようにな ってきてみてはじめて、 身も心も人間関係もお財布も確かに代わってきていて、 以前なら笑う気もおきなかったけれど、 今では自分では気がついていないけど他人によくニコニコしていて 楽しそうだねなんて言われしまう。 ほんとかよと自分ではあたふた落ち着かない気持ちになってしまう のはどうしてだろう。ひょっとして照れてるのかな…あっはは。 最も自分自身が数知れない葛藤を乗り越えたり乗り越えられなかっ たりしながらも、ただただ続けてきただけのことなのだけども…。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
Health concierge kiiico
WebSite : http://kiiico.jp


代表 加藤由紀子
東京都港区北青山2-7-20-2
TEL:03-5413-5383
電話受付:10:00〜19:00
メールでのお問い合わせは24h受付
定休日: 日曜日

selected entries

categories

Download

私の再生。そして、その未来
私の治療体験や、
気戸でご提供している
療法の詳細などを
まとめたPDFです。
ぜひお読みください
ダウンロードページへ

facebook

archives

profile

書いた記事数:247 最後に更新した日:2017/11/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM