心のままに


中近東のシリアで40ヶ月も束縛の日々を過ごされた安田純平さん に対する様々な価値観という名の意見が飛びかっています。そんな 中で面白い表現方法を用いた物に意識が奪われました。小学生に学 校の先生が議論する時間を設けてこうした質問をしたのだそうです 。あなたが危険だと言われている場所に行ってみる気持ちがあるか と問うてみたのだそうです。ちょっと前まで喧騒に包まれた教室だ ったのに、ちょうど3分が経過しました。静かなのです。誰も手を 挙げません。もしも自分が危険な場所にいて食事も安全も安心も確 保できない状況にいたとします。そうなれば不安で不安で怖くて縮 こまってしまうと思います。失禁する人も出てくるでしょう。 本当に
困っていてどうしようもない状態だとしたら誰かに誰でもいいけど 助けて貰いたいと思っていたら、知ってもらいたいと心の底から思 っていたらどうする?誰かに知らせてくれるように行動しますかと 問うてみた所、全員が手を挙げたというのです。安田純平さんに対 する自己責任論もあるでしょう。色々な考え、立場の違い、 地球星人に対する捉え方もあるでしょう。このブログは今よりもも っとらくにもっと楽しくもっと好きなことができる人生を送りたい 。それを邪魔してくる様々なものを取り除いていく方法があるよと いうプログラムを主軸に進めているブログです。人とは上記の話の ように、実に自己本位で自分勝手で野蛮というか文明人という皮を 被った実に野性的な生き物ではないかと思っております。とはいえ 一人ではとてもとても生きて行くことができないという現実から、私たちは良 くも悪くも日本人ですから、少なくとも日本国に住んでいる以上、 日本の秩序となる憲法や法律、世間様の中で生きているので世間様 の常識や決まり事、暗黙の了解をも含めて甘受して生きています。 ちょっと前にサンプルとして出しました「箱」にもあるように、出 る釘は打たれるように、だからこそ打たれないように指差されない ようにつつましやかにおとなしく過ごしていけばいいんだと思いつ つも、ガス抜きという言葉があるように、我がままに自分の思うが ままに野性的であろうが野蛮であろうが変態と言われようが、自分 の思うがままに生きたいと思っているのではないでしょうか。そう なんです様々なバランスの取れた状態に保つことがそれなのではな いでしょうか。という理屈は世間に満ち溢れています。それをどのよう に具体的に具現化したら良いのかが、なかなか分からないというの が実情ではないかと思っています。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            
関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
Health concierge kiiico
WebSite : http://kiiico.jp


加藤由紀子
東京都港区北青山2-7-20-2
TEL:03-5413-5383
電話受付:10:00〜19:00
メールでのお問い合わせは24h受付
定休日: 日曜日

selected entries

categories

Download

私の再生。そして、その未来
私の治療体験や、
気戸でご提供している
療法の詳細などを
まとめたPDFです。
ぜひお読みください
ダウンロードページへ

facebook

archives

profile

書いた記事数:343 最後に更新した日:2018/11/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM