明るい未来


ニューヨーク生まれの彫刻家、彫刻といってもベニヤ板からダンボ ールも使用する枠にはまった表現方法には何の関心も持つことなく 、ひたすら自分の感性に忠実で人を驚かせ喜ばせる事をワクワクと して生きている方のようです。几帳面で丁寧で整理整頓が大好きで クレイジーなほど緻密な図柄も作ってしまうというトム・サックス 流のティーセレモニーという名の日本の茶道をアメリカ人流トム・ サックス流に表現されたものが、初台のオペラシティで開催されて います。こうした前置きした先入観念が簡単に壊されるような作品 が並んでいます。トム・サックスの友人の話を活用すると、彼は自 分で関心があり興味を持ち始めると、普段は写真で見るような一般 的な目をしている方なのですが、本当に関心を持ち始めるとまるで 女性マンガ雑誌にあるようなくらいに目が大きく顔の面積を奪い車のヘ ッドライトのような明るさと輝きに満ちた目になるのだそうです。 何かを表現し始めると手が止まらないのだそうです。私達のような 一般人なら、このままでいいのかなとかもう少し右側の方が良かっ たかなとかと迷うのが通常なのではないでしょうか。彼の場合はそ うした躊躇とか迷いは悪魔だとか障害だというのです。 自分の創造性を止めるとか邪魔をするものに対して、戦うのではな く見て見ぬふりをして放っておくのだそうです。それがトム・ サックスの表現方法なのだそうです。私達というか私ならば、怖く なって手直ししたくなるとか人の目が気になって修正したりとか、 かえってダサいつまんない事をしてしまうようにも思えます。とい うかそれが普通という箱の中の生き方かも知れません。という事は、この先の未来も大 方想像が付くし、年取って身体が動かなくなってきたとか病気にな っちゃったとかいつまで生きれるのかなとか、世間じゃ100歳ま で生きるからこうしようああしようと言っているけれど、 そんなの分かんない事だし、それってまるでレールの上をズレない ように人に言われるままに歩いている兵隊さんみたい。ひょっとし て普通の人はこれを密かに望んでいるのかな…。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

Apple&Orange


ドミトリーが都内に増えているのだそうです。まるで高級ホテルの ロビーと間違えるような、館内中に本が置かれている図書館だった かなと思わせるような、ここが一体どこだったっけ東京だったかな カサブランカだったかなというような、ドミトリーという言葉から イメージされるものとは程遠い施設が増えているのだそうです。し かも3千円代4千円代だっていうじゃないですか。それも新宿、渋 谷、浅草、八丁堀等々と繁華街に近く便利で土地代の高そうな所ば っかり。アパマンもいいけどワシントンもいいけど、目的は安全と 安心と快眠、ついでに知らない人知らない情報知らない文化が味わ えれば…文句ないのかな。アメリカと中国がエゴのぶっつけあい、 俺が俺が私が私が…もいいけれど1920年代30年代みたいでなんかダサー。数回前にプロセスを重視するのか目的を重視するのかと書いたら、普段 積極的に参加してこないプログラム参加者が、連絡もなしに飛び込んできたのです。その人いわく、私が一喜一憂したり前に進めなか ったり未来を読む道具が上手く使えないというような色んな問題や 課題を抱えていたのって、これなんだと言ってきました。前触れもなく言われるこちらとしては何がなんだか、ちいとも分かりません 。下手に言うと怒られてしまうのでしばらくぼーとしていました。 すると私はその時その時の格好とか、自分がどう見られるか良く見られているかいい女として認識されているかというような所ばっか りにエネルギー注いでいたんですね。目的なんて見てなかったとい うか見てたんだけど人の目ばっかり気にしてて、 目的が何だか分かんなくなっちゃったみたい…。今都内は東京オリンピックのせいでしょうか外国人が増えてきたせいでしょうか、 地方の方々がよく言います。東京のホテル取れない。 この前より高すぎる。まるで宿泊業者って詐欺師みたいなんて声が入ります。3千円代で泊まれるなら、目的が難なく果たされます。 しかもプラスアルファが付いてきます。ドミトリーを無視できない時代となってきたようです。ここのプログラムにもそうした傾向があるようです。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

R1になってみて


連休中にもかかわらず、一度も足を運ばれたこともないにもかかわ らず、箱やプログラムに対する質問などのメールを結構頂きました ことをまずは感謝致します。箱に関心があるのかないのかは分かり ませんが、できることならば無理をすることなくらくになりたい良 くなりたいというメッセージが含まれたメールが多かったのです。 またプログラムをやっている方の中で下記のようなメッセージを頂 きましたので載せたいと思います。
前回、前々回の箱の文章から、人はさておき自分はどうなのか…と 考えてしまいました。自分が箱の中に入っていると感じたり箱の外 に出ている発想、行動をしていると感じることが日々というか瞬間 瞬間にあるなと思ったのです。 過去にあった人間関係に腹を立てたり、落ち込んだりうらやんだり …そんな思いを感情的にイヤだ、許せないと捉えてその怒りや嫉妬 、悲しみに執着している。こんな時は箱の中なのでしょうか…。そんな思いに囚われていたかと思えば、もうどうでも良い、そんな 事を考えている事自体時間がもったいない、くだらないと全く興味 を失って、自分自身の思考の変化が面白くて気持ちが軽くなってい る時があるのです。 その違いを感じて箱をあらためてみている最中です。

上記の文章を 頂戴いたしました。同じような思いを持たれた方もいるのかもしれ ません。プロセスに於いてこうした思いがあるのも事実と思います 。またもっと気楽に思える段階にもなれますし未来はまだまだ分か りません。何れにせよ行動し前向きに生きる方は、確実なる進化を しているということでしょうか。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

日常茶飯事


引き続き「箱」という本にまつわる話しになってしまいます。ちな みにここのプログラムに参加して下さる方々は女性が多いのです。 しかもどっちかというと美人といわれる、プロポーションのいい女 だといわれる可能性の高い方々がお越しになっておられます。 つまり品があって気位が高く、表には絶対というほどにそんな素振 りは微塵も出しません。また、気位が高いということはお洒落だし センスもいいし、財布の中身はそれぞれとはいえそれなりにお持ち の方々です。別の言い方をするならば表面上は落ち着いていて、穏 やかで悩みなんてなさそうで嫉妬心もなさそうな雰囲気はあります 。とはいえ女性といえども人間です。幼い頃から可愛いね可愛いね 、お利口さんだねなどと丁重に丁寧に大切に育てられてきています 。そうした背景から他人に対する嫉妬心とか仕返しとか残虐性なんて、決し て決して見抜かれないように日々を送っているものです。それが生 きていくという事でもあるし…。そうはいうものの、そうした偽善 的な生き方に抵抗のない方はいいとして、そうした生き方が気にな って気になって仕方がない。罪悪感を感じていたり自閉症にまたは そうした気味になったり、要は本来の自分自身に蓋をしたり、嘘を ついたりする事が許せない、認められないというあたりではないで しょうか。以前にサンプルとして青山テルマを出しました。恐らく 彼女もこうした悶々としたカオスにうんざりして、もう嫌になって しまい本来の自分自身の醜く見られようが頭髪がピンクで能無しの 大バカ者と言われようが、もうどうでもいい自分らしくただただ 楽しく生きていきたいというのが現在の結果となっているものと推察し ています。そうなんです、要は青山テルマさんがテルマさんなりに 箱を出たという事です。箱の中にいる時は不安で不安で、怖くて怖 くて人の目が世間様の目が気になって気になってどうにもならない 。えらく欲求不満だしもううつ病にでもなってしまいそう。そんな 思いだったのではないでしょうか。それは誰にでもできる事ではあ るけれど、誰にでもできる事ではないという事をこちらは認識理解 していると思っております。 だからこそプログラムをやっています。それは目には見えない世界 の法則と謳っているように、感情を優先させてしまう生き方から、 まずは法則性から見ていくと感情は肯定的で限りない広がりが生じ てくるという事への認識だと思っています。しかもそのメカニズムとなっている小笠原理論があればこそです が…。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

質問に答えて


当方に足を運んで下さる方の中で「箱」を好んでいる方が数名おら れます。以前にも書きましたが自由が丘で箱を熱心に研究しておら れる方もいるそうです。 自由が丘とは異なりますが箱の好きな方が、前回のブログの内容に ついて質問をしてこられました。心理学者のフロイトの学説の中で 口唇期、肛門期、男根期、潜伏期、 性器期で説明してくれないかというのです。ロジャースやアドラー の名前も出てきます。そういうオタクの方もいるのです。そうした 専門的な難しい事をおっしゃるのも分かるのですが、要は自分自身 が箱の中の生き方か、または箱の外に出た生き方かという事になる のではないでしょうか。数回前に載せましたサイレントサイレント のフジヤマディスコです。 天下一品のラーメンがどうであれ好きなら好きでいいじゃないですか。吹き出物が出ようが痔になろうが太ろうがいい じゃないですか。AKB48グループで色々あるようですが、AK Bメンバーみんながみんなカップ麺が好きで好きでしょうがないと 言っています。肌が荒れようが足が太くなろうがむくもうが血圧や 心臓に負担になろうが、 カップ麺が好きなんだからいいじゃないですか。ポイントはプロセ スを重視したいのか、目的を重視したいのかではないでしょうか。 他にも意見や質問が入ってきています。みんな一生懸命に生きて解 明しようと努力している事と思います。ただ箱の中にいれば、 自分以外の物や人に対して非難や嫉妬、比較や優劣という判断を下 したり、無自覚ながら劣等意識で色眼鏡をつけてしまうのは致し方 ない事と思います。まさか無自覚ながら自分がそれをやっているなんて思いもしない事かも…。だからこそ箱の外に出てらくに楽し く生きていきたいという意向からプログラムに代金をお支払頂いて いるものと思います。

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
Health concierge kiiico
WebSite : http://kiiico.jp


加藤由紀子
東京都港区北青山2-7-20-2
TEL:03-5413-5383
電話受付:10:00〜19:00
メールでのお問い合わせは24h受付
定休日: 日曜日

selected entries

categories

Download

私の再生。そして、その未来
私の治療体験や、
気戸でご提供している
療法の詳細などを
まとめたPDFです。
ぜひお読みください
ダウンロードページへ

facebook

archives

profile

書いた記事数:392 最後に更新した日:2019/05/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM