熱海でのひととき


暑い暑い毎日、日本の夏です。こちらはなんやかんやと6名です。 熱海断食道場に足を運んだら8名の方がいました。男女合計で本日 は14名の砂浴体験日です。中には10日間宿泊してウエストマイナス9センチを目指している 方、親子2人で来られた方は可愛い可愛い女子高校生、なんとアレ ルギーという事ですが全身が痒くていたたまれないと言っています 。過去に半断食を何回くらいしてきたのかよく分かりませんが今回 はそうした基礎の上に砂浴で毒素を出したいといっている人もいま す。なんか分からないけれどいつも顔色が悪くて体の調子も他の人 のようにはのれないでいる自分が悲しい、そんな私でもご飯食べれ るっていうしそれでも体の中の毒は出せるって聞いて勇気をもって きたんですという人もいます。食品会社にお勤めで、食品の中に入 っている添加物の影響をよく知っている方は言葉を濁しつつ自分の 体から出したいと思っている様子の人もいました。とにかく理由は 様々ですが、こうして一同に知らない者同士が集まると、目的が同じなのです ごく仲良くなれるのが嬉しい一時でした。いざ砂浴に入ってみると 足が腕が背中もムズムズチクチク痒くて痒くて、 砂の中でモゾモゾ体が動いてしまうのです。面白い事に5分か10 分でしょうか落ち着いているのです。それが繰り返し起こるという 現象が数回続いたでしょうか。そうしているうちに眠ってしまった ようです。台風が近づいていた事もあって高波で目が覚めてしまい ました。砂に埋まっている足の方が海水でとっても気持ちいいので すが…移動する事になってしまいました。一日たっぷり砂浴を終え てみると、全身に砂が張り付いたように手で払っても払っても全然 落ちません。特に痒かった箇所はシャワーを浴びてやっと落とせた くらいです。なんと砂の力の凄い事でしょう。断食道場では冷たいのです。正面から入ると汚 れるから裏から入ってくれというのです。こっちはお客なのに、 もう…。もう一日あるとはいえ、今日一日楽しいひとときでした。 東京にいると知らない人は口も聞かないし無視したり無視されたり という当たり前の毎日です。ここに来ると色んなところから色んな 理由で集まってきます。全く知らない人と短時間でこんなに気持ち のいいひとときを過ごせた事で、 色んな事があるけれどこのまま前に進んでいくのが、やっぱりワク ワクなんだな〜と実感してきました。飾らない笑顔で穏やかに接触 して下さる数回の断食体験者、10回以上の半断食体験者達を見て いて、自分も断食や半断食をやるか否かは別として、こんな風にこ んな雰囲気のままで年を重ねていきたいな〜とも思っていました。

 

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

心の中


苗場スキー場でのフジロックは終わってしまいました。まだまだ夏 フェスは続きます。大いに楽しむことのできる季節のようです。こ うしたブログを読んで一喜一憂してしまっているでしょうか。ご覧 になっていてただただ見ていて楽しいでしょうか。まあ中にはそう した方もおられるかもしれません。ここのところ何人かのカウンセ リングが続いてしまいました。暇な時は暇なのに重なる時は重なっ てしまうようです。ニアミスしないように注意するのも結構大変な のです。そういうこともありますが、最初はカウンセリングなんて やなこった、誰がそんなもん受けるかよという空気感があった人も います。通常なら私はなんの悩みも思い込む事も、 夜寝れない事も、ついついアルコールに頼ってしまう事なんてある わけないよという感じであって、ただただ小笠原理論の活用法、応用法を身に付けたい だけという事だったはずなのに…。なんか無意識にやっている自分 の行動パターンて分からないものなのねという意見が、 やはりたっぷり出てくるようです。それをどう扱いどう変化を作っ ていく事で、こんなにも結果は変わってしまうという事を実感して 頂いております。そうした状態で、 今日本中で夏フェスが盛んです。過去に阿波おどりに熱を上げてい る人もおりました。人の目が気になるでしょうが、人の判断がなん かすっごく関心あるでしょうが…ともかく夏です。この夏を遊ばな い法はないでしょう。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

普通の人


なんか世間が苦々しくなってないでしょうか。韓国との関係やらイ ランの事とか、高校生が寝ていて首を切られたとか京都でガソリン まいたとか、相変わらず高齢者のブレーキトラブル、天気もイマイ チだし野菜や魚の値段も一定していないし、女性の権利だとかハラ スメントの事もなんか被害者妄想狂的に扱われたりと少しずつ少し ずつながら価値観が文化が知らぬ間にというかどんどんと変化して いるように思われます。特に考える事もなく目の前の出来事を追っ かけて日を過ごしているようなら、 なんも変わっちゃいねーじゃねえか、いつもの事だよ。春夏秋冬が ただ廻ってるぐらいにしか捉えていない方も多いのかも知れません 。例えなんかよく分からないけどどうも以前の価値観とか以前のや り方や対応の仕方では、どうもまずいみたいだな、どうしようなどと思っている方も多いのかも知れま せんが、ではどう対処どう変化というのをどれだけ具体的に実例を 持って行っている事でしょうか。 これもたぶんというか推察ですが、ただ起こってくる事を受け身的 に対応して日が過ぎているというのが通常ではないかと思われます 。これを天動説といいます。だからといって悪いとか良いとかとい うのはどうでもいいと思うのです。ただ単にそれでは未来は美味し くないのではないかと思えます。そう思うからそうした証拠を集め てしまうのでしょうか。それとも集まってしまったのでしょうか。 いずれにせよ行動パターンが結果的に変わってきている方はともか く、そうでない場合はその方の親というか、慣習にそって月日は流 れていくというのが一般的ではないでしょうか。思っているだけでは考えているだけでは、やはり今まで 通りというか、年を重ねていくので右肩下りになっていくものなの でしょうね。感情と理性とはいつの時代においても対立するものと 思います。結果が良ければ感情もついてくるものではないでしょう か。今回は何回かメールとお電話を下さる方に対するメッセージと してのものです。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

どうして家電が


エアコンが動かなくなっちゃった。テレビも壊れた、パソコンも調 子が悪い、洗濯機が動かないよ、電子レンジもだ。アレアレ台所の 換気扇も動いてないよ、なんだろうヘアドライヤーが弱い熱風しか 出ない。これは一体どうした事なんだ、この家にこの私に何が起こ ったのだろう。それともただ単に家電が壊れただけなのだろうか。 それにしてもこんなに立て続けに家電が動かなくなってしまうとい うのは…まさかオカルトじゃあるまいし…。こうした質問がこちら に入ってきました。うちは電気屋さんでも量販店でもないので、ど うしたもんでしょう。こちらにどうすることもできないのは聞くま でもない事だと思うのですが…。あなたにこうした経験が過去にお いてありませんでしたか。実際に経験した事のある方に、 是非に聞いてみたいものです。小笠原理論においてもバシャール理論を取り扱っ ている方々からも、占星術をやってらっしゃる方々からも、 どうした事でしょう、みんながなんか同じような事を言っています 。6月の夏至の事を言う人もいます。 お盆を基準にする人もいます。まあ色んな言い方をしたり、脅し文 句を並べるとかと色んな事を言う人が多くいます。分岐点だとかタ ーニングポイントだとかと色々言われていますがシフトしてきてい るのは東日本大震災以降に具体的になってきているし、 特別今年がどうのこうのというのは、なんか宗教臭くて脅されてる ような感じを受ける情報が多く出ているような感じを受けています 。このブログでは実に30年以上前からコツコツと情報収集や確認 作業を積み重ねてきて、お越しになる方やプログラムを進める方にのみ根拠のある情報提供を、その方の希望に沿ったナビ ゲーションをしています。ああそうそう家電の話をしていたのです 。家電が壊れるというのは理由があります。もちろん本人の意識に 関係しています。ここに書くと反発されたり怒りのメッセージがき てしまうので、こちらが怖いので書きませんが、関心のある方は足 を運んで下さい。丁寧にご説明致します。もしくは砂浴でゆっくり 話せたら良いですね。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

ママは身長100cm


伊是名夏子さんという方がいます。この方は骨の折れやすい障害で 車椅子で生活をしています。幼少時より逃れられないこの障害とと もに現在は二児を持つ母親です。 車椅子から離れられないとはいえ、一年間のアメリカ留学、三ヶ月 間のデンマーク留学やカナダへの一人旅等々と自分の好奇心に自分 自身に正直に生きておられる方のようです。当然ながらさげすみの 目や気の毒な目、同情だけされて普通の枠外とされ人間扱いされて こなかった状況は、この日本社会のように個人が尊重されるのでは なく定義とされたものが尊重尊敬および正義とされる社会において は人の目を気にする人なら普通を定義とする人ならば、すごく生き にくい社会だと推察します。この方はそれをも否定せずに、そうし た捉え方もあるそうした生き方もある。私は私であって現実は現実であって、その現実をそのまま受け入 れてそのまま活用して生きていけばいいと思っていると推測できる 沖縄生まれの素敵な女性です。その女性が書かれた新たな本として 「ママは身長100cm」という本を出されました。単なる障害者 に対する好奇心や優越感を持ったまま読まれるのも自由かと思いま す。ここで取り上げた理由として、このプログラムに参加なさって いる方、なさりたいと思っていつつ一歩が踏み出せないと悩んでお られる方と色々な方がおられます。そうした方々の生き方も自由と はいえ夏子さんの生き方も自由なんだな〜としみじみとした思いを 私に与えて下さる多くの方の生き方に感動を抱いてしまっていると いう私がいるという事でしょうか。小笠原理論でいうらくで楽しい 好きな毎日というのを、多種多様な方々がどう捉えどう解釈するかというのは、 その方の核となるものがなんであるか。夏子さん同様に迷いや不安 、恐怖を抱えながらも、現実に不自由やできないことに対する怒り や悲しみをも抱きかかえつつ、360℃の角度から見ていけば喜び も楽しみも生き甲斐も見出だす事に苦もなくできるという現実を知 っているという事でしょうか。例えばデンマークでは、6歳までの 子供に読み書きを禁じています。15歳までの子供にテストがあり ません。そんな環境の中で育っていく人々もいるという現実を見て 、それをどう解釈したり体得するのも本人なのでしょうね。ここの プログラムに対して色々な意見があります。批判もあります。 そんな中でも会得して日々の生活を180℃苦もなく変えて生きて いる人もいるという現実もあります。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
Health concierge kiiico
WebSite : http://kiiico.jp


加藤由紀子
東京都港区北青山2-7-20-2
TEL:03-5413-5383
電話受付:10:00〜19:00
メールでのお問い合わせは24h受付
定休日: 日曜日

selected entries

categories

Download

私の再生。そして、その未来
私の治療体験や、
気戸でご提供している
療法の詳細などを
まとめたPDFです。
ぜひお読みください
ダウンロードページへ

facebook

archives

profile

書いた記事数:414 最後に更新した日:2019/08/15

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM