BETWEEN DEVIL AND DEEP BLUE SEA


テレビやSNS新聞や雑誌などに毎回毎回載っているので実は飽き てきているのですが、日大アメフト事件の田中理事長、 女性受験者の得点差別や佐野事件の東京医科大学、 自分は絶対に何ひとつ間違ってはいないと真顔でおもいっきり真剣 に訴えている山根明さん、 LGBTに対する特権意識の杉田議員等が持つ絶対的意識、 西日本豪雨における自己中の泥棒たちときりがありません。 発言とは異なる強権の安倍さん、 調和を訴えながら自己保身に走る岸田さん、 もう死にそうな二階さん、 権力を握ってから変貌した杉田さん等の歪んだ醜くなってきている 顔や以外とすっきりしてきた石破さんの顔。 30年位前から言われてきているとはいえ、 こんなにピラミッド構造の社会システムが崩れてきていることに本 当にびっくりしてしまいます。 たまたま運が悪かったんだよとか不正入試なんていっぱいあるよ本 当についてなかっただけだよなどと思う方もおられることでしょう 。山根さんをテレビで見ていると、 何か本当にとんでもない穴にたまたま落ちちゃっただけでこの俺様 がズレてるわけないだろうと何の疑いもなく生きているお姿に、 私達もこうした面があるのかもしれないと反面教師としてテレビに 出て下さることにあつい感謝の気持ちを抱かせてくれます。 しかもインドネシアでの大地震、 北半球全域に波及している熱波の数々。 米中貿易戦争によるアメリカと習近平体制への弱体化と日本だけで なく全世界で30年前の予測通りにこの星は進んできているようで す。 マスコミには当然出ることのない一般大衆の中でもそれに類する現 象があちらこちらに頻発している、 言い換えれば古い社会システムが組織で集団で大なり小なりどこに でも問題を引き起こしているようです。 つい先日このブログをご覧になっている方でちょうど3年前だった と思います。予約することなくこちらにお見えになりました。 自分自身のことはほとんど話たがらず、 こちらに質問ばかりする方でした。 その方は結局何もすることなくこちらに話だけさせて帰った方です 。その方が相変わらず予約することなく突然来室して来ました。 今回は前回に教えて下さった近未来を読む方法を教えて下さいとい うことでした。それにはお金がかかるのだけれど、 前回はお金をかけるなら嫌だと言っていた記録があるが如何なさる かと問い返しました。 すると払える範囲内ならいくらでも払うというのです。 何かがあったのでしょうね。 人様の領域に入る意向のないこちらとしては、 本当に世間様の基準や価値観、 観念の在り方や生き方が変化してきているのだな〜 と実感しています。 全部お前の思い込みや勘違いなんじゃないのかと思う方もおられる かもしれません。その答えは未来にあります。そうなった時は…。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

地球星人


第155回芥川賞受賞者村田沙耶香さんのコンビニ人間はご存知の ことと思います。 村田さんの最新本で地球星人というのがあります。 これは子宮と精巣はあなたの体の中にあるけれど、 それはあなたのものではない。 それは世間様のものであり人間工場の生産性のためにあるというス トーリーです。 相模原障害者殺人事件や最近の自民党役員の発言でお馴染みの生産 性があるかないかという世間様の好きな内容の本ではないでしょう か。 おもしろおかしく書かれているので深刻さはほとんどありません。 もう10年位前でしょうか。 国の為にご先祖様の為に未来の為にと、 ちょっと前までは考えるような事とは無縁の話だったのではないで しょうか。女性はお年頃になれば嫁となり子作りに励む。 男性はしっかりと安定した収入を家に持参することで家長として認 めてもらえる、一人前の男だと評価される。 しかもそういう世間様の評価を得ることで満面の笑みと自信を持ち 、家族を増やすことで安らぎを得ていたように思います。 そうした観念とか定義は揺らぐことはなく、 後輩や若い人達を何の抵抗もなく無意識に推奨、 洗脳していくことを誉れとしていたように思い出されます。 それがどうでしょうか。生産性という言葉を使っただけで、 何か肩身の狭い思いをしてしまう今日この頃です。 相手の何気ない一言で、その年で一度も結婚してないの? 変わってるねなんて言われて、 そうかなと言いつつ傷ついていたりする。 それはまだまだ古い定義とか観念を持っているという証明になって しまう人もいるようです。先日テレビを見ていたら、 50歳を過ぎた人はたんぱく質を肉で取る必要があります。 肉を摂取していないと筋肉は衰えていき腰やひざを壊し、 歩くのが億劫となり他の病気も誘発し、 徐々に寝たきりになってしまいます。 というような恐怖に満ちた観念や定義が染み付いてしまうと、 肉ばっかり食べることになります。 そうした観念や定義を持った学者や医者、 栄養士たちが年を重ねてどうなっているでしょうか。 その事実を知る者としては、 やはり私達は日本人ですから島国の人間ですから、 植物たんぱくとか美味しい魚介を無理なく食べているほうが無難な んだなと思ってしまいます。無意識とはいえ、 自分自身が意識することなく、 全く知らぬ間に持ち続けている観念とか定義というのは、 ひょっとしたら幻の世界なのかもしれないな〜 と色々な人を見ていての感想です。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

むか〜しむかし


雨音の表現には様々にあるようです。しょぼしょぼ、しとしと、 ぽつぽつ、ぱらぱら、ざあざあ…といったところでしょうか。 今回西日本では年間降水量の半分がたった3日間に集中したそうで す。上記のような表現方法では当てはまらないのかもしれません。 今までの生活パターンが今後も続けていけるかどうかというのも、 とんと分からない状況に私たちは置かれていることへのメッセージ だったのでしょうか。 そう思うと毎日続いている暑い日々も未来へのメッセージなのかも しれません。何言ってんだよ…そんなのこじつけだろ… と思う方もいるでしょうし、 そうよねこれから何かが起こってくると思える事柄がちょぼちょぼ と数年に渡り続いているし…。 北海道といえば梅雨がなく清々ししく夏を過ごせる場所だと言われ てきていたはずだったのだけれど、 最近の北海道はもう夏は暑くて暑くてどうにもならないし来ないと いっていた梅雨も台風も来ちゃうし…もうやんなっちゃう。 函館の朝市のいかそうめん美味しいけど、 そうめんだっていうのにイカの刺身の太さじゃない、 それに青森の八戸ででているいかそうめんと比べるとほとんど同じ 量で値段は函館では2倍になってるし… しゃけもほっけもホヤも高くなっちゃったな〜。 ホントにやんなっちゃうことばっかりです。 あえていうならお米がとれるようになって、 しかも美味しいことでしょうか。さて、網走に、 青森に古代遺跡があるというのをご存知の方も多いことと存じます 。どうしてそんな限界の地に古代遺跡があったのかという疑問が、 知識を持つまでは私にとって不思議なことでした。 ひょっとして遥か彼方の宇宙からのメッセージなのでしょうか。 木星と土星はかすみみたいなものだということでしから、 ひょっとして火星人が古代においていたのでしょうか。 それともオリオン座のエササニからのメッセージなのでしょうか。 まあ冗談はさておいて、歴史をきちんと学んでおられる方は、 今ごろ大笑いしていることでしょう。 ご存知の通り学説や学者により年代は定かではありませんが、 古代において現在のからふと、北海道、東北地方は、 年平均20度から25度のとても過ごしやすい場所だったそうです 争うこともなく競うこともなく上下関係の階級もなく健やかなる時 代だったそうです。 それぞれの個人の能力に応じ日常生活をこなし、 やくざさんみたいな俺たちの縄張りだとか、 ここは誰々だけが使う場所だということもなく穏やかに過ごしてい たという学説や証拠があるのだそうです。 静岡や長野から西に行けば行くほどうっそうとしたジャングルだっ たのだそうで人は立ち入らなかったのだそうです。 ある時期から徐々に、 徐々にこの温暖な東北エリアが寒くなってきたのだそうです。 その結果海面水位が下がってくるとともに、 今まで努力なく入ってきていた食料が手に入らなくなってきたのだ そうです。やむを得ず一部の人間は南下しはじめ、 しかも手に入らない食料を手に入れるために知らないものへも手を 出しはじめていったのだそうです。 そうした行動パターンの変化に対応できない人々も出て来たという ことでそれまでの人類は減少し続けていったのだそうです。 この先もありますが、こうした古代の道筋を辿っていくと、 現在進行形の今が、特におかしいわけでもなく、 ただ時代が変わってきたという他愛のない時期を私たちが過ごして いるというだけのことのようです。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

過ぎ行く今


好きなことを楽しくらくに…という言葉が満ち溢れています。 本当でしょうか。このブログをご覧になって下さるあなた、 見てない他の多くの方が現在進行形で好きなことを楽しくらくに実 行しているのでしょうか。思い込みなら可能かもしれません。 余計な定義や観念を意識しないで過ごしている縄文人なら可能かも しれません。 それが2018年7月の現実ではないだろうかと思っております。 例えばバシャールでワクワクに生きていこうと書かれています。 本田健さんが現状ではとてもそんなことは無理だから、 意識を変えたり思考を変えたりしてワクワクでいこうと言っている ように、 現実には一般的には全くもって無理な話だということになるのでは ないでしょうか。 例えばどうしたらいいかと思い本田健さんの講演会にお金を使って 行ったとします。経験のある方ならご存知の通り、 さすがプロです、会場は華やかだし、 妙な熱気に満ち溢れているし、 自分が自分でいられなくなってしまいます。 そんな興奮と情熱に満たされた自分が山手線の混雑の中を過ごし私 鉄に乗り換え自宅に帰って来る頃には冷めてしまうというのが現状 ではないでしょうか。 だからこそまた講演会に行くということになるわけであり、 結局のところ本田健さんの関係者とその本が売れていくということ で、本人はどうなのでしょう。 そうした演出された世界で過ごし続けることができる方であるなら いいとして、 私たちが庶民が名もない国民が好きなことをして楽しくらくに生き ていくというのは、 無理なく背伸びせず余裕を持って地に足をつけた確かなステップア ップを重ねていくことだけしかないようにも思うのです。 そういった点からみることができるのなら小笠原理論は単なる手段 として道具として使うなら、 本田健に利用されるのではなく自分であるこちらが活用する立ち位 置を作り上げていくことなのではないでしょうか。 理論なんてどうだっていいと思っております。 あなたがどんな手段を使おうが、 他人様に迷惑を掛けずにステップアップできるのなら活用できるも のを活用するだけでいいのではないでしょうか。 ここで縄文人と弥生人の受け止め方が異なってきてしまいます。 どちらも正しいわけであって選択なさるのは当人です。 好きなことを楽しくらくにというのは、 ある意味において結果論です。結果はどうにも変えられません。 いじってもいじりきれません。 ポイントはきゅうりの種を蒔く前に、 自分は本当にきゅうりが欲しいのか、 きゅうりはこの環境ですくすく育ってくれるのだろうか。 尚且つその全体を見守る器が自分にあるのかということではないで しょうか。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

夜明け前


先日、40代男性が来られました。 主旨は機械もプログラムもどうでもいいから、 ブログに書いているようないい加減な中途半端な書き方でなく、 きちんとした小笠原理論を知りたいんだ、 ついてはビジネスにも応用できるものなのかという方でした。 このように言われて決して気持ちのいいものではないものの、 過去においていい加減で中途半端な書き方になってしまっていたの だな〜と自分の未熟さを認めることとなっています。 このブログをご覧になっている方で同じような意見をお持ちでしょ うか。 こちらとしては足を運んで下さってプログラムを進める方に関して のみ、きちんと説明は致しております。 このブログにおいては色々な理由や都合があり、 書けない出せない事柄が多くあります。とはいえ、 このような方がおみえになってご意見を頂きましたので、 この方の意見を尊重しこのブログでの核となる事について今回はお 伝えしたいと思っております。 過去において人は皆ぬいぐるみを着ていると書いています。 このぬいぐるみは生きている生活している以上はいいも悪いもなく 必要からきているものだと思っております。 そのぬいぐるみとは常識、道徳、倫理、教養、 社会システムの知識、学歴、地位、名誉、 財産とうの生きていくための処世法です。 これがないと浮いてしまうし村八分にあうし一人で生きていけない し、日本では共通通貨として円も使っているし…。 つまりぬいぐるみに関しては生きている以上はこの社会に適合して いないと自分自身が生存できない、 ということになってしまいます。 だからこそ自己主張するし知らないなと思えば学ぶし、 色々な技術も身に付けるしお洒落もするし、 それを楽しむこともしているし、 そうしたノウハウとかマニュアルのようなものに対してぬいぐるみ と表現しているのです。こちらが強く感心を持って書き続けているのは核となるところです 。この核となることについては、 小笠原先生が発言してきている通り宇宙のメカニズムであり、 目には見えない自然の法則であり、 個人個人においても金があろうが権力があろうがどうにもこうにも どうにもならないものだと言われています。 男が嫌だといっても女にはなれません。白人は黒人になれません。 このようにどう願おうがどうあがこうがどう訴えようが、 残念ながらどうにもならないことはあるわけで、 こちらも随分悩んできています。 同じ人間である以上よくなりたいとか幸福でありたいと思うわけで すがどうにもならないことに人は2種類にどうも分かれているので す。どこが異なっているのかというと、 それは生きていく中心となる核と表現すればいいのかもしれません 。この核において、人間には2種類あるということです。 それは核が縄文人か弥生人かということです。 これは日本人を対象として表現しているわけではありません。 また縄文時代とか弥生時代と結びつけられても困ります。 単純に捉えて頂ければ分かりやすいかもしれません。私達が生きてきた過去においては弥生人が優先されてきていたとい うことです。 どんなに頭がよく有能な方であっても核が縄文人のかたは自分の能 力はほとんど活用されません。評価されません。 認めてもらえません。 あまり有能でなくてもごくごく普通であっても世間知らずで空気が 読めなくとも弥生人であるなら優先され金が入りいい思いができ るようになっているというのです。 つまりあなたが縄文人であるなら過去においてどんなに努力しエネ ルギーを燃やし頑張ってきているわりには面白くないと感じている のではないでしょうか。なんであんなヤツが、 どうしてあんなに勉強できないヤツが上手くいってるんだ、な〜 んて思ったことがありませんか。
小笠原理論をきちんと知りたいといってきた方もたぶん縄文人だと 思われます。表ヅラでは100%分かりません。 このブログを一年以上ご覧になっている方は、 ご覧になりたいと思ってみて下さる方は、 十中八九縄文人だと思います。

 

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
ホームページ / メール / 電話をかける

            

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

■ 健康コンシェルジュ 気戸 ■
Health concierge kiiico
WebSite : http://kiiico.jp


加藤由紀子
東京都港区北青山2-7-20-2
TEL:03-5413-5383
電話受付:10:00〜19:00
メールでのお問い合わせは24h受付
定休日: 日曜日

selected entries

categories

Download

私の再生。そして、その未来
私の治療体験や、
気戸でご提供している
療法の詳細などを
まとめたPDFです。
ぜひお読みください
ダウンロードページへ

facebook

archives

profile

書いた記事数:317 最後に更新した日:2018/08/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM